ECB政策金利の反応に警戒!_6/6(木)

今日の環境分析 2024年6月6日

 昨日発表された米国のISM非製造業景況指数は、53.8と9か月ぶりの高水準となり市場予想の50.8を大きく上回りました。ADP雇用統計は、15.2万人増と市場予想を下回りました。強弱入り混じる内容となりましたが、徐々に早期利下げ観測の後退が薄まってきています。カナダの政策金利は、4年3か月ぶりの利下げを実施しました。追加利下げも示唆したため、一段とCADが下落しました。 

 通貨相関からは、NZDの強さが継続し、JPYの強さも維持しています。USDの弱さが継続し、CADは一段と弱まりました。金利動向の方向性に合わせた強弱感と判断することができます。USD・CADの売りを軸にした通貨選択を継続したいと思います。

 強い通貨: NZD・GBP
 弱い通貨: USD・CAD

 日足   : NZD>GBP>EUR>AUD>USD>CAD>JPY
 4時間足 : NZD>JPY>GBP>EUR>AUD>USD>CAD

 本日は、ECBの政策金利に注目です。利下げは織り込み済みになっているため、声明文や総裁会見の内容に注目です。年内の利下げ方針などによってEURの方向性が定まると思われます。また、米国の新規失業保険申請件数にも注目です。このところの労働統計では労働需給の逼迫緩和の動きが見られるため、速報性の高い同指標の重要性は高いと思われます。明日の米国の雇用統計を控えているため、USDの動きには警戒したいと思います。

米統計に警戒・加政策金利も!_6/5(水)

今日の環境分析 2024年6月5日

 昨日発表された米国の4月の雇用動向調査(JOLTS求人数)は、806万円件と2か月連続減少し、3年2か月ぶりの低水準となりました。労働市場の過熱感の鎮静化を確認することになり、米金利は低下し、USDは下落しました。USDJPYは154円台まで下落しました。利下げ開始時期の遅れとの見通しを否定する結果となり、前倒しを見込む動きが見られました。前日のISM製造業景況指数の悪化とともに、米国経済への警戒感が高まりつつあるように思われます。市場全般では、米国時間こそ前日の大きな動きの後だけにボラティリティは低下しましたが、日本時間・欧州時間ではクロス円を中心に大きく動きました。終値でみてもクロス円通貨の多くが1%以上下落するなど、市場は動き出したと考えています。

 通貨相関からは、JPYの強さが目立ちました。米国金利の低下で日米金利差縮小の動きと日米の金融政策の方向性を意識した動きが強まったものと思われます。NZDの強さが継続している一方でAUDの弱さが目立っています。USDとともにCADの弱さが際立ってきたことで、相対的にEUR・GBPの強さを示すようになりました。引き続き、USD・CADの売りを軸に通貨選択をしたいと思います。

 強い通貨: NZD・EUR・JPY
 弱い通貨: USD・CAD

 日足   : NZD>GBP>EUR>AUD>JPY>CAD>USD
 4時間足 : JPY>NZD>EUR>GBP>AUD>USD>CAD

 本日は、米国のADP雇用統計とISM非製造業景況指数に注目です。月曜日にISM製造業景況指数の悪化をみただけに、今回の数字には一段と警戒感が高まります。ADP雇用統計とともにISM指数のなかの雇用関連指数にも注目したいと思います。月曜日のISM製造業景況指数の雇用指数は良好な数字だったものの、市場は反応しませんでした。昨日のJOLTS求人数のようにマイナス面への反応が大きいので、ADP雇用統計やISMの雇用指数が悪化しているようだとUSDへの影響が高まりドル安の動きが加速するものと思われます。また、カナダの政策金利にも注目したいと思います。金利据え置きとの見方が大勢ですが、利下げの可能性も否定できません。足元のCADの弱さは利下げを織り込んでいるかのような動きでもあるため、警戒したいと思います。さらに、オーストラリアのGDPにも注意しておきたいと思います。明日はECBの政策金利が発表され、利下げが見込まれています。明日に向けたEURの動きを注視したいと思います。

USDの値動きに警戒?!_6/4(火)

今日の環境分析 2024年6月4日

 昨日発表された5月の米国ISM製造業景況指数は、48.7と市場予想49.6を下回りました。これを受けて米国金利は低下し、USDの下落につながりました。USDJPYは156円台にまで入ってきました。市場全般では、ボラティリティが高まり、終値ベースでみた変動率も徐々に大きくなってきています。Mark’s Tradeのスイングトレードにおいても、複数の通貨ペアでポジションを保有する状況になってきました。

 通貨相関からは、USDがCADとともに弱さが目立ちます。上位足から下位足まで揃って、相対的な弱い位置にあります。JPYは日足までの上位足では最弱通貨にいますが、4時間足での回復の動きが目立ってきています。NZDの強さが継続し、AUDもつれて強くなってきています。EURとGBPは中立的な位置づけとなっています。USD・CADの売りを軸に通貨選択をしたいと思います。

 強い通貨: NZD・AUD
 弱い通貨: USD・CAD

 日足   : NZD>GBP>AUD>EUR>CAD>USD>JPY
 4時間足 : NZD>AUD>JPY>EUR>GBP>CAD>USD

 本日は、米国のJOLTS 求人数に注目です。今週は、明日のADP雇用統計、明後日の新規失業保険申請件数、週末の雇用統計まで雇用関連の統計の発表が続きます。個々の統計を消化しながら、週末に向けコンセンサスを形成することになると思われます。ISM製造業景況指数では全体の悪化を受けて、雇用指数の上昇には反応しませんでした。本日からの単体の労働統計への反応は大きくなると思われます。その反応は米国金利に影響を与え、USDの下落が加速することが想定されるため、警戒したいと思います。

今週は重要な指標が続き警戒!_6/3(月)

今日の環境分析 2024年6月3日

 週末金曜日は、米国でPCEデフレーターが発表され、市場予想を若干下回る水準となりました。インフレの弱まりを示しUSDは下落しましたが、その後反発しました。ユーロ圏の消費者物価指数は、前年比+2.6%と5か月ぶりに拡大しましたが、ECBの6月の利下げ観測に変化はありませんでした。格付け機関大手のS&Pはフランスの格付けを引き下げました。ウクライナ情勢の長期化に伴う財政懸念を反映したものですが、欧州経済全体への影響が懸念されます。市場全般では、ボラティリティが高まり、徐々に値動きが活発化してきています。月が替わり、新たな展開を期待しています。

 通貨相関からは、USDの強さが継続し、JPYの堅調さも続いています。前日まで軟調な展開にあったマイナー通貨が反発した結果、これまで堅調だったEUR・GBPが相対的な弱さを示しました。どの通貨も上位足から下位足の強弱感が揃っていないため、通貨選択が難しい局面となっています。個々の通貨ペアの動きをみて、通貨選択をしていきたいと思います。

 強い通貨: USD・JPY・CAD
 弱い通貨: EUR・GBP

 日足   : NZD>GBP>EUR>AUD>CAD>USD>JPY
 4時間足 : CAD>USD>JPY・AUD・NZD>EUR>GBP

 今週は、重要な経済指標が多く発表されます。本日は米国のISM製造業景況指数、水曜日にカナダの政策金利と米国のISM非製造業景況指数、木曜日にECBの政策金利、金曜日に米国の雇用統計とカナダの失業率と、市場インパクトが極めて大きい経済指標の発表が続きます。米国では週を通して労働統計が複数発表されます。ISM景況指数にも雇用関連統計があるため、個々の統計の内容を吟味する必要があります。週末の米国の雇用統計に向けて、週を通してボラティリティの高い展開が想定されます。ECBは利下げが見込まれていますが、欧州経済が回復基調にあることやインフレ再燃リスクを考慮すると、次の利下げは9月以降と見込まれています。市場で描くシナリオ通りであると、利下げがあっても材料出尽くし感からの反発の動きも想定しておく必要がありそうです。日本の長期金利が上昇してきていますが、金利上昇に伴う日本経済の悪化懸念が高まってきています。国内政局が混迷している現在、景気悪化懸念につながる金融政策を期待するのは難しいかもしれません。金利差を背景とした通貨水準の決定要因からは、海外金利の低下を待たなければならないと考えます。このため、今週の経済指標は各国の金融政策に大きな影響を与えるため、クロス円の動きにも警戒したいと思います。
 本日は、米国のISM製造業景況指数に注目です。総合指数だけでなく、先に述べたように構成要素となる雇用関連の指数にも注意したいと思います。月初・週初であるため、様子見の展開になることが想定されますが、徐々に、今週発表される指標を先読みした動きが強まると思われます。

+2,526.4pips獲得_5月のデイトレード

2024年5月の実績

5月のデイトレードは、+2,526.4pipsとなりました。5月は月前半こそ好調だったものの、後半はボラティリティが低下し、非常にトレードしにくい環境が続きました。1回当りで100pipsを獲得できたのは2回にとどまりました。日ベースではマイナスになる日はなく、トレード見送りとなったのは2日となりました。全体で72勝3敗、勝率96.0%となり、勝ちトレードの平均収益は35.7pips、負けトレードの平均損失は-15.4pipsとなりました。

デイトレードにおいては、1時間足のチャートを見るだけで、判断することができます。ノウハウは個別コンサルティングにて提供しています。ご興味のある方は、お問合せください。

+2,057.0pips獲得_5月のスイングトレード

2024年5月の実績

5月は、+2,057.0pipsとなりました。18勝0敗、勝率100.0%となりました。5月後半の方向感のない展開のなか、1回当りの獲得pipsが低下し、平均獲得pipsは114.3pipsとなりました。平均保有日数は7.3日となりました。

+466.6pips獲得_5月第5週のデイトレード

2024年5月第5週の実績

5月第5週は、9通貨ペアで+466.6pipsとなりました。17回トレードし、16勝1敗、勝率94.1%となりました。1回トレードを見送りました。今週は、先週同様にボラティリティが低く、方向感のつかみにくいなか環境が続きました。この結果、低水準だった先週よりは回復したものの、今年5番目に低い週の収益となりました。

デイトレードにおいては、1時間足のチャートを見るだけで、判断することができます。ノウハウは個別コンサルティングにて提供しています。ご興味のある方は、お問合せください。

米PCEデフレーター・欧CPIに注意!_5/31(金)

今日の環境分析 2024年5月31日

 昨日発表された米国の第1四半期GDPの改定値は、速報値の前年同期比+1.6%から+1.3%に下方修正されました。GDPの7割を構成する個人消費の下方修正が影響し、景気減速懸念が高まりました。新規失業保険申請件数は3週間ぶりに悪化するなど、景気停滞を示しました。FRBの利下げ時期の変更を検討するまでには到りませんが、今後の経済指標の内容には注意したいと思います。来週金曜日に発表される米雇用統計の結果への注目度が高まってきました。市場全般では、ボラティリティが高まり、久しぶりに値動きがあったと実感できる状況でした。

 通貨相関からは、4時間足が日足の方向性と逆行したため、強弱感が大きく変化しました。継続して強さを維持していたNZD・GBPの弱さが低下し、USD・JPYの強さが目立つ展開となりました。USD・JPYともに日足では最弱通貨群にあるため、目先の動きが日足に波及してくるのかに注目しています。目先の動きからはUSD・JPYの買いに注目したいですが、上位足との逆行した動きであるため、持続性に注意したいと思います。マイナー通貨は全般に軟調な展開となっています。目先の動きから、GBPを除くメジャー通貨の買いを軸に通貨選択をしたいと思います。

 強い通貨: EUR・(JPY・USD)
 弱い通貨: CAD

 日足   : NZD>GBP>EUR>AUD>CAD>USD>JPY
 4時間足 : JPY>USD>EUR・AUD>GBP・CAD>NZD

 本日は、米国のPCEデフレーターと欧州圏の消費者物価指数が最大の注目材料となります。PCEデフレーターは、FRBの金融政策においてCPIとともに重要視される指標になるため、警戒が必要です。また、欧州の消費者物価指数では6月のECBの利下げを確定的なものにするのか否か、注目されています。カナダのGDPにも注目したいと思います。日本では、東京都区部の消費者物価指数が発表され、その後、日銀の買いオペが予定されています。市場金利が上昇しているなかで、買いオペの減額が行われるのかに注目です。もし減額されるのであれば、足もとの円高方向への動きが加速することが想定されるため、警戒しておきたいと思います。また、本日は週末・月末であるため、ポジション整理の動きにも注意したいと思います。

米指標の金利への影響に警戒!_5/30(木)

今日の環境分析 2024年5月30日

 昨日は、オーストラリアとドイツで消費者物価指数(CPI)が発表され、ともに予想を上回る強い数字となりました。オーストラリアでは利上げ検討を再開する動きになり、一時的にAUDは買われましたが、これまでの強さを背景に材料出尽くし感から反落しました。ドイツでは伸びが加速し、6月のECBの利下げは確実視されているものの、その先の利下げは難しくなってきた模様です。日本では、日銀の安達委員の発言で円高への動きが強まりましたが、市場の反応は一時的なものに終わりました。しかし、日本の長期金利は12年半ぶりの水準にまで上昇し、市場が日銀に利上げを催促しているかのようです。こうした動きから昨日は、上下へのブレが大きくなり、ヒゲの多いチャートなりました。終値ベースでの変化率は低水準のままですが、ボラティリティは高まってきました。4時間足では収束の動きを強めている通貨ペアが増えてきていることから、動き出しが近いと考えています。 

 通貨相関からは、NZDの強さが継続し、USD・GBPの強さが目立つ展開となりました。対して、AUD・CAD・EURの弱さが目立ち、近隣国通貨間の動向から実需ベースでの強弱感が見て取れます。JPYの弱さも継続していますが、介入警戒からクロス円の上値は限定的になっています。USD・GBPの買いを軸に通貨選択をしたいと思います。

 強い通貨: NZD・USD・GBP
 弱い通貨: JPY・CAD・EUR

 日足   : NZD>GBP>EUR>AUD>USD>CAD>JPY
 4時間足 : NZD・USD・GBP>AUD>EUR>JPY>CAD

 本日は、米国の新規失業保険申請件数とGDPの改定値に注目です。足元で米国の強い経済指標が発表され、それが米国金利の上昇からUSDの強さにつながっています。また、ブラックアウト期間を前にFRB高官の発言には警戒したいと思います。明日は、月末の上、欧州圏のCPIや米国のPCEデフレーターなど重要な経済指標が発表されます。このため、明日に向けての様子見の展開も想定されますが、市場は動き出しの予兆があると判断しているため、値動きには警戒して臨みたいと思います。