今日の環境分析 2023年1月27日

昨日は、全般に小動きに推移し、方向感のつかみにくい状況となりました。昨日発表された米国の第4四半期GDPは、2四半期連続のプラスとなる+2.9%となりました。インフレによる景気減速が懸念されていましたが、堅調な経済成長を確認することができました。これを受けて、今後の金融政策に与える影響を注視していきたいと思います。

通貨相関からは、USDの弱さとAUDの強さが継続しています。それ以外の通貨は強弱感がマチマチの展開となっており、方向感のつかみにくい状況は通貨相関からも判断できます。週足・日足・4時間足と強弱関係がばらばらになっており、動きにくい展開にあります。下位足の動向が、日足方向に向かうのか、週足方向に向かうのか、足元の動きに注意しておきたいと思います。通貨選択が難しい局面にあるので、収束から発散の動きが出るまでは見送り姿勢で臨みたいと思います。

本日は、朝方発表される東京都区部の消費者物価指数に注目です。この指標は、全国の消費者物価指数に対し先行して発表されるため、このところ注目度が高まってきています。また、米国のPCEデフレーターにも注目です。本日まで、中国は春節の休場となっています。また、オーストラリアは本日休場となります。為替市場は、各国の祝日に伴う金融市場の休場とは関係なく取引されますが、当該国の通貨の流動性は低下するため注意が必要です。

今日の環境分析 2023年1月26日

昨日、カナダ中央銀行は政策金利を+0.25%の利上げを行うことを決定しました。8会合連続の利上げで、利上げ幅は前回の+0.5%から半減しました。事前予想通りの結果となりました。今年中のインフレ鎮静化を判断しており、利上げ打ち止めを示唆しました。この結果を受けて、CADが下落しました。この動きは、来週の米国のFOMCにおいてもUSDに同様の結果をもたらすと考えています。

通貨相関からは、USDの弱さは継続していますが、GBPの弱さも目立ちました。AUDの強さも継続しています。堅調な動きを見せていたマイナー通貨の中でも、CAD・NZDが弱くなりつつあります。JPYの弱さも継続していますが、クロス円通貨全般に下位足で収束の動きを強めており、JPYの強さが戻る時期が近いのではないかと判断しています。今は、AUDを除き強い通貨が少ないので、弱い通貨売りのポジション選択をしていきたいと思います。

本日は、米国の第4四半期のGDPと個人消費に注目です。米国経済の実態面からUSDを再評価する動きが出るものと思われます。内容次第では、来週のFOMCにおける利上げ幅圧縮にむけて確信度が高まり、USDの弱さが加速することが想定されるので注意が必要です。

今日の環境分析 2023年1月25日

昨日発表された、欧州・米国のPMIは依然として低水準にあるものの、前月を上回り景気後退懸念が弱まりました。欧州のPMIは6月以来の50超えとなり、景気底入れの動きと判断されました。天然ガスの価格下落の影響が大きいと思われますが、市場参加者の多くは楽観視はしていない模様です。USDJPYは米国のPMIの予想を上回る数字を受けて131円台まで上昇したものの、その後に発表された注目度の低いリッチモンド連銀製造業指数が予想を大幅に下回ったことから、PMIで買われた動きを否定することになりました。日中のボラティリティは欧州から米国時間に高まったものの、終値でみると小動きに推移しました。

通貨相関からは、JPYが最も弱い動きになり、USD・GBPの弱さも目立ちます。一方でマイナー通貨の堅調さが続いていますが、AUD>NZD>CADの強弱関係は順位以上に明確になっており、AUDの動きに注目しています。昨日に続き、マイナー通貨買い・メジャー通貨売りのポジションに注目しています。

本日は、朝方発表されるオーストラリアの消費者物価指数に注目です。堅調なAUDの動きが加速するのか反転するのか注意したいと思います。また、米国時間のカナダの政策金利の発表には最も注目しています。カナダの金融当局は、このところ世界に先立って動く傾向がみられることから、本日の発表内容は後に続く欧米の金融政策に影響を与えると思われます。実際、USDの動きはCADの動きに追随してきており、この先のCADの動きが各通貨ペアに方向づけをする可能性が高いと考えています。

今日の環境分析 2023年1月24日

昨日は、全般に小動きの中AUD関連通貨の堅調さが目立ちました。昨日も述べたように、JPYを売る動きが強まってきていることから、AUDJPYが大きく上昇する結果となりました。そのほかの通貨は全般に落ち着いた展開となりました。4時間足ではクロス円通貨の一部にトレンドを確認でますが、レンジ内の動きでもあるため、日足ベースでのトレンド確認までには到っていません。

通貨相関からは、USDの弱さが継続していますが、JPYの弱さが強まってきています。このため、弱い通貨同士のUSDJPYは方向感のない動きですが、USDJPYを除いたクロス円やドルストレート通貨の動きに注目です。AUDの強さが目立ってきており、マイナー通貨全般にメジャー通貨対比の強さが出てきました。マイナー通貨買い・メージャー通貨売りのポジションに注目したいと思います。

本日は、夕方から欧州各国・地域と米国の製造業PMIとサービス業PMIが発表されます。各国の金融当局の金融引き締めのペースダウンを判断する材料として、重要な経済指標となので注目したいと思います。

今日の環境分析 2023年1月23日

前週末に発表された、日本の全国消費者物価指数は前年同月比で+4.0%の上昇と、事前予想通りの高水準となりました。この上昇率は、消費税の増税時点をのぞけば、バブル以降で最高水準となっています。先週の日本銀行の金融政策決定会合において方針を据え置いたことで、日銀総裁の交代期を迎える春までは金融政策の変更は難しい局面になってきています。このため、日本の金融引締めへの動きが停滞することで、JPY安への圧力には警戒しておきたいと思います。金曜日は、クロス円を中心に上昇しました。日銀の金融政策が見送りとなったことで、JPYを売る動きが復活したような動きでした。しかし、日足ベースでは新たなトレンドの発生を確認するまでには到っていません。目先の動きは調整の範囲内と判断していますが、値動きには注視していきたいと思います。

通貨相関からは、USDの弱さは継続していますが、その他の通貨は上位足と逆行する動きがあり、方向感をつかみにくい状況にあります。GBPの堅調さが続いています。金融引締めのモメンタムが他の国に比べて高いことが影響していると考えています。本日は、わかりにくい展開にあるため、様子見したいと思います。

本日は、朝方発表される日銀の議事要旨の公表に注目です。昨年12月の上限金利の引き上げ決定を要因とするサプライズがあった会合だけに、その内容には注目したいと思います。本日は、ニュージーランドが休場、中国は春節で今週いっぱい休場となります。

今日の環境分析 2023年1月20日

昨日は、前日の大きな変動の後だけに全般に小動きに推移しました。そうしたなか、AUDの下落が目立っています。朝方発表されたオーストラリアの失業率の内容を受けてのものでした。

通貨相関からは、JPYの強さに加えGBPの強さが目立つようになってきました。USDの弱さは継続していますが、AUD・NZD・CADも弱い通貨グループに入ってきました。期待していたほどの発散の動きは出ていませんが、徐々に収束を解き放たれた通貨ペアが出てきています。強弱関係を間違えなければ、わかりやすい動きになってきていると思います。

本日は、日本の全国消費者物価指数に注目です。先週の東京の消費者物価指数発表時と同様の動きになるのか警戒しています。また、英国やカナダの小売売上高にも注目しています。JPY・GBPを軸に値動きを見ていきたいと思います。

今日の環境分析 2023年1月19日

昨日は、日本銀行の金融政策決定会合の結果が発表され、現状維持との方針が報じられました。何らかの変更を期待していたUSDJPYの売りポジションは、発表後に急激な買い戻しが行われました。この結果、発表前の128円台から131円台まで3円以上の大幅な上昇となるなど、クロス円通貨全般に上昇しました。しかし、日銀総裁の記者会見の前後から下落に転じ発表前の水準に戻り、結局は行ってこいの相場展開となり、日足では大きな上ヒゲをつける結果となりました。日本の金融政策においては、金融緩和の可能性はなく、引締め方向にしか現状では動けません。一方、米国など他の国は、昨年の金融引締めのペースダウンが確認されており、一部には利下げ観測もあります。こうした方向感の違いが円高基調の強さを示していると思います。
昨日発表された、米国の生産者物価指数は4か月ぶりに下落し、消費者物価指数の頭打ちを裏付ける内容となりました。また、小売売上高は市場予想を下回る-1.1%と2か月連続の下落となり、景気悪化が懸念される結果になってきました。

通貨相関からは、昨日の大きな変動を受けて日足と4時間足の方向感が違う局面になっています。しかし、昨日の値動きから判断すると下位足の動きは調整の動きと判断できるため、下位足が再び日足方向に戻る展開が想定されます。上位足の方向性に沿った通貨選択を行いたいと思います。EURGBPの関係からGBPの優位性が高まっている点には注意しておきたいと思います。

本日は、オーストラリアの失業率やECB総裁の発言に注目したいと思います。また、昨日欧州時間以降のJPYの反転の動きが東京時間にどのように反映されるのか注目しています。当面は、クロス円中心に動向を見ていきたいと思います。

今日の環境分析 2023年1月18日

昨日は、本日の日本銀行の金融政策の発表を前に様子見気分が続いていましたが、日本時間深夜に欧州中央銀行の利上げ幅縮小観測でEURが急落しました。個別の通貨ペアでみると、下位足で収束の動きを強めており、動き出しのきっかけ待ちになっています。日銀の金融政策の発表後に動き出す準備が整っている状況にあります。大きな発散につながることを期待しています。

通貨相関からは、JPYの独歩高が続いています。金融引き締めを継続してきた日本を除く各国が、徐々に引き締めペースを緩和してくる中、日本のみが今後の金融引き締めが予想されることから円高方向への動きを強めています。金利差だけで考えると基調は円安であるべきですが、金融政策の方向性のモメンタムの比較から円高方向に向かっています。USDに続きEURも金融引き締めペースの鈍化を背景に弱くなってきました。EURGBPの関係から相対的にGBPの強さが示されてきています。クロス円の売りを中心に通貨選択をしたいと思いますが、日銀の金融政策の発表を確認してからポジション構築をする方針です。

本日は、今週最大のイベントとなる日本銀行の金融政策の発表があります。昼頃と時間が不定になっており、発表時間帯の動きには警戒したいと思います。発表を前にJPYに対する思惑的なポジション構築が膨らんでいるため、金融政策の変更の有無にかかわらず発表後には大きく変動することが想定されます。発表後の値動きに注視したいと思います。
そのほか、英国の消費者物価指数、米国の小売売上高にも注目です。ともに日銀の金融政策の発表後なので、GBPJPY・USDJPYの動きには注意したいと思います。

今日の環境分析 2023年1月17日

昨日は、米国が祝日で金融市場が休場だったため米国時間のボラティリティは大幅に低下しました。この動きを見越した欧州時間でも見送り状況になりました。全般に小動きとなり、様子見気分を強めています。先週発表された米国の消費者物価指数の発表前のような動きです。先週の米国の消費者物価指数に相当するのが、日本の金融政策です。今日から日本銀行の金融政策決定会合が開催されます。明日の昼頃(時間は未定です)に金融政策が発表されます。前回は国債の上限金利の引き上げという実質的な利上げに相当する発言があり、市場には大きなサプライズとしてとらえられました。円高反転への最大のきっかけとなりました。現在、債券市場では上限金利を上回ることがあり、さらなる引き上げか上限撤廃か、もしくは明確な利上げ実施か、追加的な金融政策を求めた動きになっています。明日の日銀の発表までは方向感を判断しづらい状況にあります。

通貨相関からは、前日と大きな変化は見られません。JPY・AUDの強さ、USD・CAD・NZDの弱さが継続しています。EURは対GBPとの関係から、中立的な動きになりつつあります。下位足に発生していたトレンドは終了しレンジに戻ってきました。収束の動きを強めだしており、明日の日銀の発表まではエネルギーをためこむ局面にあるようです。方向感がつかみにくい状況にあることから、無理に通貨選択せずに見送りもありかと思います。その中で、JPYの買い・USDの売り方向のポジションには注目しています。

本日は、中国のGDP、英国の失業率、カナダの消費者物価指数に注目です。個々の経済指標は、通貨への影響が大きいため、その内容には注視したいと思います。とはいえ、今までになく日銀の金融政策に注目が集まっているため、JPYを中心とした動きが続くものと思われます。

今日の環境分析 2023年1月16日

週末金曜日は、前日の動きを継続しました。なかでもクロス円の下落が目立ち、USDJPYは前日の128円台に続き127円台に入りました。高いボラティリティが続いており、デイトレには絶好の環境が続いています。スイングにおいては、明確なエントリーチャンスを判断できる通貨ペアはまだ少ないため、足元の動きが上位足に波及してくることに期待しています。

通貨相関からは、上位足から下位足まで方向感が揃ってきました。JPY・AUD・EURの強さ、USD・NZD・GBPの弱さが顕著になってきました。これらを組み合わせた通貨ペアは、下位足でトレンドを確認できます。水曜日の日銀の発表まではUSD・JPYの強弱関係は継続すると思われるので、クロス円・ドルストレートに注目しています。

今週は、水曜日の日本銀行の金融政策決定会合が最大の注目点です。前回、国債の上限金利を0.5%に引上げるサプライズがありましたが、今回は変更の見直しはないとの見方が大勢です。しかし、債券市場では0.5%を上回る市場価格をつけるなど、新たな見直しを見込んだ動きが出ています。このため、日銀の金融政策が発表される水曜日の昼頃までは、方針変更を見越した円高の勢いが強いと判断します。発表内容で新たな金融政策の変更があれば円高が加速し、なければ円安へ反転が強まると考えられます。週前半はクロス円通貨を中心にボラティリティの高い展開を想定しています。その他、火曜日の英国の失業率とカナダの消費者物価指数、水曜日の英国の消費者物価指数と米国の小売売上高などにも注目です。
本日は、米国がキング牧師の日の祝日になり金融市場は休場となります。このため、為替市場も閑散な動きになることが想定されるため、欧州時間までと割り切って臨みたいと思います。